天パが復活した。
MENU

 

赤ちゃんの時天然パーマだったのに幼稚園に入る頃には直毛になっていたという人が割といると思います。
わたしも2,3歳まではクルクルと渦巻いていた天パが、しっかりとした直毛の黒髮になりました。
でもなぜか右側だけが微妙にはねるので学生時代は毎朝セットするのに苦労していました。
それもそのはずで、赤ちゃんの時の写真を見ると、見事に右側外ハネのウェーブでした。

 

 

二十代も終わりにさしかかった頃、今まで概ね真っ直ぐだった髪の毛が全体的にうねるようになりました。
そのまま伸ばすと当時流行りだった、とれかけパーマ風になり、それなりに喜んでいました。
知り合いの美容師さんに、急に天パになったみたいなんですけどなぜでしょうかと尋ねてみたところ、一言、加齢による髪のやせ細りで、もともとあったと天パ傾向がうねりとなって出ただけという残念な回答をいただきました。それでも数年は復活した天パを大いに活用し、ゆるふわパーマもどきにして楽しんでいました。ところが35歳を超えた頃から、ただのパサついた傷んだ髪の毛にしか見えなくなってきて、なお悪いことに、白髪が目立ち始めたヘアカラーがダメージをさらに加速させてしまいました。
うねっている上に、パサつくので、切れ毛や枝毛に悩まされるようになりました。

 

 

見た目があまりに汚いので、意を決して最近外国で流行り始めた、ブラジリアンケミカルワックスなるものを試してみました。二ヶ月くらいは持つそうです。ツヤツヤサラサラなのに縮毛矯正ほどわざとらしくないのが気に入っています。ただ薬品がかなりキツそうだったので、これからどんなダメージが出るのか少し心配です。

このページの先頭へ