今更髪を染めすぎた後悔してます・・・
MENU

私は昔から、人よりも白髪が多い体質であるため、2か月に1回は美容室で髪を染めてもらっていました。定期的に染めるようになって2年が過ぎたころ、黒から明るい茶色に色を変えてもらったのですが、そこから髪があっという間にパサパサになっていきました。

 

 

金髪みたいになった

さらに色が抜けてしまったのか、茶色を通り越して所々金髪のようになってしまったので、自分の髪が傷んでいるということを自覚しました。ヘアアイロンやコテを使ったり、パーマをあてたりしたことがないにもかかわらず相当な傷み具合であったので、伸ばしていた髪を泣く泣く切ってしまったこともありました。1日1回の夜のシャンプーの後に軽くトリートメントをするくらいで、特別にケアをしていたわけではなく、またドライヤーをかける際も、髪がカラカラになるまで乾かさないと気が済まないので、温風を髪に当てすぎているということなども原因としては考えられます。

 

 

 

しかし、髪は生乾きのままであると臭いのもととなってしまうので乾かさないわけにはいきません。毎日ドライヤーでしっかり乾かし、かつ、今後も白髪を目立たなくするために染め続けるということを考えると、美容室で提案される少々高めのトリートメントを使ってみるなど、自分が思いつく限りの方法でしっかりケアしていく必要があるのかなと自分の髪をみていて痛感しています。

このページの先頭へ